らくだメソッドQ&A

「らくだメソッド」に寄せられるご質問を以下にまとめてみました。

ご不明な点は、資料請求フォームにてお問い合わせください。

何歳から学習できますか?
鉛筆を持てる筆圧があれば大丈夫。幼児から80代の方まで学習しています。
数字の書き順に“ルール”があることから学びはじめます。
また、人に言われて学習をするのではなく、自分で学習時間を決めて、自分から取り組むことを習慣にしていきます。
どんな学習システムですか?
「らくだ教材」「らくだ学習記録表」「ストップウォッチ」の3つを使います。
  • ● 「らくだ教材」は、平井雷太のオリジナル。
    教えなくても自分で学べる教材です。
    習熟するまで同じプリントを繰り返し学習し次に進むので、その子のペースで学ぶことができます。
    詳細は「らくだメソッドの教材」へ
  • ● 「らくだ学習記録表」には、毎日の学習の結果をその都度自分で記入します。
    塾に来ている時だけでなく、大切なのは自宅での宿題。
    その1ヶ月分の自分の状態を自分自身で管理できます。
  • ●「ストップウォッチ」は、速さを競うものではありません。
    今の自分の状態を知り、最後まで集中して問題に取り組むためのツールです。
学習できる科目と月謝のシステムは、どのようになっていますか?
「らくだメソッド」は、算数・数学、国語、英語の3科目。
何教科学んでも何回通っても月謝は同じ、というシステムです。
それはなぜか…学習者が自分で学び方を学んでいく教材だからです。
習熟のプロセスをとおして、教えてもらったことのない学習に自分から取り組めるようになると、「わからないこと」「できないこと」に抵抗がなくなります。
そのため、教科書の全部の内容を盛り込むことはせずに、段階を踏んでしか習得できない要素をギュッと絞った内容になっています。
家の近くに教室がないのですが…。
通信で学習できます。ご希望される教室に直接お申し込みください。
郵便等でプリントをお送りし、次回返送日に、記録表と一緒に返送していただきます。必要な場合は、指導者と電話で連絡をとって相談します。
公文と何が違うの?
「らくだ教材」の1枚1枚に設定された「目安時間」と「自己採点」がそのポイント。
かかった時間とミスの数を「らくだ学習記録表」に記入し、その情報をもとに、学習する教材を学習する本人が自分で決めていきます。
学習の主体が、学習者本人になるよう、指導者がかかわります。
受験なのですが…?
受験問題を解くための土台を「らくだメソッド」でつくることができます。
「時間がかかっても考えればできる」では、いくら受験対策をしてもその効果が発揮できません。
「らくだ教材」をスラスラ解けるようになることで処理能力が身につき、その先の世界が広がります。